2013年4月29日月曜日

ちょっちょ 漢字学習

ちょっちょの漢字学習。
2年生までは結局ドリルを少量ずつやることで済ませてしまいましたが、3年生になってからは、どんぐり倶楽部の漢字学習をアレンジしてやっています。


 
漢字辞典と色鉛筆、筆ペンを用意してやっています。
2冊の本から、必要なところを抜き出して作った母お手製プリントを1文字につき2枚。
 
漢字辞典は、ちょっちょは字の形から部首を想像して、部首から引いています。
部首から引いて見つからなかった時は音訓索引を使っているようです。
あっという間に自分で漢字辞典を使えるようになりました。
 
初めは塗り絵の部分に書き順を入れていましたが、数字が入ってしまっていると自分で書き順を意識していないようだったので、書き順は自分で入れさせるようにしました。
 
単語や例文も最初はすごく時間がかかっていましたが、例文作るのも上手になりました。
このプリントには「や球のだ球が気球にあたった」と書いてあります。
野球の野、打球の打はすでに習っているので漢字を使ってほしいところですが・・・(笑)
 
筆ペンを使って1文字大きく書くのも慣れてきました。
最初はフェルトペンを使っていましたが、筆ペンにすることでトメ、ハネ、ハライを意識しやすくなったようです。
 
最初のころは1日で4文字分やらなくてはいけなかったので、大変でした(慣れてないし)
でも、最近ではだいぶ慣れてきて、順調にできるようになってきました。
1日2文字なら、まぁ無理がないかな?という感じです。
 
お楽しみの右上のマンガを読んで笑い、漢字辞典で周囲の字や部首に引っ掛かり「へ~」とあっちこっち脱線しながら学習します。
ゆっくりじっくり味わいながら取り組んでほしいなと思っています。


0 件のコメント:

コメントを投稿