2013年9月2日月曜日

夏休み最後の日

8月27日~30日まで、子供キャンプへ行ってきたちょっちょ。
31日は地域のお祭りで盆踊りの太鼓をたたきました。

キャンプ中、体調を崩していないか心配でしたが、元気に帰ってきました。
とても楽しかったらしく、目を輝かせて色々な話を聞かせてくれました。
翌日のお祭りも元気に遊び、太鼓も頑張りました。

そして昨日(9/1)、夏休み最後の日。

ちょっちょがイライラしている・・・
何だかキツイ目をしていて、こちょにあたっている・・・

どうしたのかな?
疲れちゃったのかな??

お祭りで買ってきたベーゴマが上手く回せないとか、3本あった紐の1本が見つからないとか、そんな理由でイライライライラ。

目がつりあがってキツネのよう。


夏休み最後のどんぐりしたかったけど、やめました。

お昼過ぎ、とうとう自分の部屋にこもってしまったちょっちょ。

う~ん、疲れてるんだろうな~、イライラしていて辛そうだな~と思って、ちょっちょの部屋へ行きました。
「本読んであげる」と言って十五少年漂流記を持っていったのですが、
「本読んでも楽しくないもん。ベーゴマの紐が見つからないと気になって本の世界に入れないもん。本の世界に入れなかったら全然楽しくない!」と涙目になりながら怒るのです。

「まぁ、まぁ」となだめて、気にせず読み始めました。

ちょっちょは、他のおもちゃをいじりながら聞いていました。

しばらくたって、顔をあげたちょっちょを見ると、トロンと目じりが下がっていました。

ちょっちょを呼んで膝枕してあげたら、ちょっとご機嫌が戻ったよう。
良かった。

*********

夜、ちょっちょが「オイラ、今日はすぐに涙出ちゃうんだから、話しかけないで」なんて言うのです。
「どうした~?」と訊くと「夏休みが終わっちゃう。まだやりたいことが沢山あるのに。学校行くのイヤ。」と。

学校行きたくないなんて、ほとんど言ったことのないちょっちょ。
楽しかった夏休みの終わりがちょっちょに不安感をもたらしてしまったようでした。

「今年の夏休みは沢山遊んで楽しかったね~。ちょっちょはすごく成長したと思うよ。学校へ行ったら先生にも話してあげて。」と言ってみました。

普段は父に本を読んでもらいながら寝るちょっちょですが、この日は母が十五少年漂流記の続きを読んであげながら一緒に寝ました。


学校が始まれば楽しい仲間との遊びも再開!すぐに元気になると思います。
でも、宿題などのストレス要因も再開か・・・
夏休み中、どんぐりの過去ログを読み、動画を見て、どんぐりの先輩方のブログを読み、環境設定を見直さないと、と改めて思いました。

2学期、ちょっちょがのびのびと過ごせるよう母は頑張ります!

0 件のコメント:

コメントを投稿