2013年10月4日金曜日

ちょっちょ【3MX49】2013.9

<3MX49>
友達10人でミニカード(レッドカードとホワイトカード)を買ったら7865枚も買うことが出来ました。
このカードを同じ数になる様に10人で分けます。
この時、一人ずつのカードが、半分はレッドカード、半分はホワイトカードになるようにするには、
最初に最高で何枚、最低でも何枚のレッドカードを買っておく必要があるでしょう。

ちょっちょの苦手なカード分配問題。
夏休みのわからん帳も見事に手をつけませんでした。
ちょっちょにはまだ無理だろうな~と私も思っていましたが、大塚先生からの出題がこれでした。

前回の3MX99が楽しくて、またこういう問題がいい~!と言っていたちょっちょ。
「今回の問題はちょっと難しいかも。でも頑張って!」と言って問題を読みました。

カード分配問題と分かった途端に意気消沈(笑)
うだうだしながら時間をかけて友達10人を描きました。

「頑張れ、頑張れ!」と何とか進めさせると・・・

「10人」が良かったのか何やら順調に進めていきました。
7865を10に分けてから赤と白に分けることにしたようです。
ちょっちょとしても思ったよりも楽にできてしまって気持ちが上がってきたようです↑↑↑

が、最後は気楽になりすぎたのか1人分のまま計算して終わってしまいました~↓

一番最後の絵は10人がレッドカードとホワイトカードのどちらを多く買うかでケンカをしているところだそうです。

苦手なカード分配問題、ちょっと苦手意識が薄らいだかな??

0 件のコメント:

コメントを投稿