2014年1月17日金曜日

こちょの発達検査、境界域????

昨年10月にこちょが発達検査を受けました。
きっかけは5歳児検診の際に「さ行」の発音がまだできないことが気になっていると相談したことでした。
言語聴覚士さんに診てもらうためには先に発達検査を受けないといけないということで、特に発達に気になる点はなかったのですが、検査を受けることになりました。

言語聴覚士さんに見てもらった結果、大きな問題はなく、成長とともに「さ行」の発音は治ってくるとのことでした。
「じゃあ訓練とかは受けなくても大丈夫なんですね?」と訊くと「ん~、でも受けた方が良い「さ行」になります」と言われました・・・ なんじゃそりゃ?別にアナウンサーになる訳ではないんだけど?


こちょは緊張の強い子です。赤ちゃんの時から。
でも少しずつ場所に合わせた対応ができるようになってきているし、初めての人ともお話しできるようになっていて成長が見られます。

緊張は強いし、我も強くて、ちょっと面倒くさい(大人の都合通りいかない)子ですが、ボケ~ッとしていて自分の世界を生きているちょっちょと比べると、よく気がつく子です。
幼稚園ではお姉さんグループで、できない子や遅い子を手伝ってあげているようです。
運動も大好きで逆上がりも雲梯も勝手にできるようになったし、かけっこはクラスでも1,2を争う速さです。
文字にも勝手に興味を持ってひらがなの読み書きはほぼできるようになってしまったし、時計やカレンダーも興味を持って見ています。
ちなみに、この頃のちょっちょはというと、文字にも時計にも興味なし!でしたが、毎日幼児向けドリルをやらされていました(犯人は私です・・・ 汗)


話を戻して、こちょの発達検査の結果を12月の頭に聞いてきました。
そして結果を郵送してもらったものが12月末に届きました。
結果、健常域と軽度精神発達遅滞の「境界域」だそうです。
総合IQ83だそうです。
確かに、いわゆる利発なタイプではないと思っていましたが・・・

心理所見のひどい書かれようといったら・・・ 母親の心を折れさせるための物ですか!?って感じです。
ポイントは「つまずき」「苦手」。この言葉がいくつも出てきます。
たった1度の検査で、たった1時間程度の会話で勝手に決めつけないでくれる!?って怒りさえ覚えます。

もちろん、緊張の強いこちょは性格が影響して結果が良くないということは考えられます。
最初の質問「こちょちゃんの鼻はどこですか?」に答えられませんでしたから。
(でも口頭の質問ですから「鼻」か「花」か大人だって一瞬考えますよね。こんな質問を1番目に持ってくるのも、どうなの!?と思います。)
ただ、それを考慮しても、発達検査を受ける条件はどの子も同じだということを考えれば結果は芳しくないということなのでしょう。

それは分かります。
発達検査の結果自体は別にどうでも構わないのです。
結果を聞いて帰ってきて「いや~ひどかったよ~笑っちゃうね」で終了でしたから。

でも、郵送されてきた心理所見を見たら、さすがに動揺してしまいました。
多少なり、どんぐり倶楽部で学ばせてもらっているので、IQは関係ないことも、やや遅れ気味の子供であってもどんぐり文章題が大きな助けになることも分かっています。
心理所見に何と書かれようとも子供自身を見れば問題ないことも分かっています。

でもでも!ひどい!!
この心理所見をみて見ず知らずの大人が、我が子の処遇を話し合ったのかと思うと涙が出そうなくらい落ち込みました。(一瞬だけど)
発達検査してくれなんて頼んでないのに。

どんぐりを知らない私だったらと思うと恐ろしいです。
小学校に上がったら授業についていけなくなるんじゃないかと思ってそれこそ幼児教育に片っぱしから手を出しているかもしれません。
先取り先取りでドリルの徹底反復をさせているかもしれません。


本当にどんぐり倶楽部に出会っていて良かった。
大丈夫です。
発達検査の数値に踊らされるつもりはありません。
しっかりとこちょ自身を見守りますから。

こちょももうすぐ年長さんです。
ぼちぼち、どんぐり問題を始められるのかな~と思っています。
楽しんで取り組めるように頑張ろうっと!

2 件のコメント:

  1. こんにちは 金森です。

    その余計な検査のせいであせって「●文」に行かせたり、勉強勉強でかえって子どもを追い込んでしまったというケースが結構ありますね。
    よく相談を受けます。

    うちの三男も2歳半ですが、長男が1歳半の時と同じくらいしかしゃべりませんが、全然心配していません♪ 子どもを信じて見守るだけですね。

    こちょちゃんはお母さんがどんぐりを知っていて幸せですね♪

    返信削除
    返信
    1. 金森先生、こんばんは。

      コメント、ありがとうございます。
      本当に、どんぐりに出会っていなかったらと思うと恐ろしいです。

      あんなこと書かれたら確実に子供自身を見られなくなります。
      私は小心者なので、気にしないつもりでも気になってしまって> <
      でも、ブログに書くことで大丈夫、こちょ自身を見れば何も問題ないと自分に言い聞かせています。

      削除