2014年4月3日木曜日

4月1日 ちょっちょ出発

ちょっちょが山村留学へ旅立ちました。

我が家から車で行っても電車で行っても6時間位かかる場所です。
4月1日午前6時出発。
ちょっちょ&パパさんの二人で出掛けて行きました。

こちょ&母は見送り。
こちょは行きたがっていたけど、咳が出ていたので断念です。


持ち物の準備ができたのは2日前の3月30日。
31日はほっとする暇もなく病院&美容室へ行って準備を整えました。
31日夜に引っ越しの大荷物を車に詰め込みました。

1日朝はちょっちょはなんてことなくフツ~に出て行きました。
最後のお見送りの言葉は「いっぱい楽しんでおいで。いってらっしゃい!」です。



ちょっちょのお世話になる留学先は炊事洗濯掃除などの家事一切も子供たちが行う場所です。
当然のことですが、テレビ、ゲーム、携帯など一切ありません。
自分たちで話し合ってやることを決めていきます。
多数決によらず、一人でも反対意見があればとことん話し合います。
一人一人が自分の意見をちゃんと持ち、責任を持つ、現代社会ではなかなか難しいことですね。
流されがちなちょっちょも少しは強くなって帰ってくるでしょうか??


どんぐりに取り組む我が家としては、唯一の心配ごとは「勉強・宿題」です。
せっかくの良い環境なのに「宿題」から逃れることができません・・・
「どんぐりだけは続けようね」と約束していますが、どんぐりに取り組む時間が取れるのかな??

そしてもう一つだけ、気にかかっているのは、ちょっちょの「ペース」
たぶん、ものすごく忙しい生活になると思うので、そんな中でちょっちょのペースが乱れるのではないかと少し心配しています。
自分のペースで過ごせないと子供ってものすごいストレスを感じますよね。
集団生活の中で、ちょっちょはどんな風に過ごすのかな?
友達がいるだけで、あまりストレスを感じずにいられるのかな??

遠くに離れていますが、1年間しっかりと見守りたいと思います。
そして我が家で突然一人っ子になってしまったこちょのことも、しっかり見守っていきたいと思います。

2 件のコメント:

  1. >どんぐりに取り組む時間が取れるのかな?
    ●これは、先方に両親で頼み込んででもキチンと時間をとってもらわないといけません。でなければ、環境設定をした意味が半減(90%OFF)します。素養がある(作品を見れば分かります)のですから、譲れないものとして両親でお願いすべきですよ。

    返信削除
  2. 糸山先生
    ご助言ありがとうございます。
    留学先の生活では、ちょっちょ自身が自分から時間をとってどんぐりをやらないといけない状況になります。
    お友達が常にいる環境で、ちょっちょにそれができるかが心配なのですが、4年生の今の時期にどんぐりに取り組むことがどれだけ大切なことか、再度話して聞かせようと思います。
    近いうちに学校の先生とお話できる機会が持てそうなので、その時には先生にもどんぐりを見ていただけるようお願いしてくるつもりです。
    「どんぐりを続けること」が山村留学の条件とちょっちょには話してあるので、ペースがゆっくりになっても必ず続けさせるようにします。

    返信削除