2015年1月9日金曜日

ちょっちょ 年賀状問題がんばる! 2015.1

Gフォレストの金森先生から問題付きの年賀状がとどきました。
ちょっちょに「これやってみる!?」と訊くと一読して「明日やる!」

実は、この手の問題が苦手なちょっちょ。まだ自分なりの解法を見つけていません。
だからいつもこの手の問題は「だとしたら作戦」になってしまいます。
(この問題だと、子供が2人だと・・・、子供が3人だと・・・と延々当てはめていくやり方)

翌日。
「だとしたら作戦を使わないで考えてみて」と言ってハガキを渡しました。
ちょっちょは「え~!だとしたら作戦使っちゃだめなの~」とぶつぶつ文句を言っていました(笑)

【問題】
ひつじのお母さんが、子どもたちに1こ35円のおもちを一つずつ買おうとしたら50円足りませんでした。1こ20円のおもちにしたら70円あまりました。子どもたちは何人いるでしょう?


「35円のお餅だと50円足りない、20円のお餅だと70円あまる。」まで描いて悩む。
だとしたら作戦は使っちゃいけないから・・・と絵を描き直してみる。
20円のお餅と35円のお餅を並べて描いて、余ったお金と足りないお金も絵にしてみた。
(すると、今まで、この手の問題で出来ていなかった「差」に着目できた模様!)
でも、そこからまたしばし悩む。
悩む・・・
悩む・・・
ちょっと、イライラする・・・

「どうした?」と声をかけると、解き方はわかったものの「だとしたら作戦」になっちゃうからダメだとのこと。
説明してもらうと-50円と+70円の状態から一つ分ずつ足していって同じ金額になったところが答えになると言うので「それはだとしたら作戦じゃないんじゃない?やってみれば?」と言いました。

右ページ、右から左へとお餅を一つずつ足しています。
両方が230円になったところで終了。
(230-70)÷20=8
ここまで計算してから、ふと絵を見て「あっ!答えここに出てた!お餅の数が子供の数だもん」
「だから今計算したのが確かめになってたんだ~。答え8人。」


苦手だった問題に何やら一筋の光が見えたようです!
 

0 件のコメント:

コメントを投稿